種苗協会について 種苗協会のご紹介です。

協会の概要

日本種苗協会は1973年に設立(前身は全国種苗業者連合会)されました。種苗協会の役割は種苗会社をサポートすることにより野菜・花卉・牧草等の優良種子の供給、品種の開発等を促進し、日本の農業ひいては、国民全体の生活水準の向上を図ることです。

本会はISF(国際種子連盟)の会員であり、国際的な種苗産業の発展、貿易の促進、品種権利の保護、国際種子健全化に尽力しています。またAPSA(アジア・太平洋種子協会)の会員であり、2001年には日本大会(幕張)の開催に協力し、さらに2013年秋には神戸大会を開催いたしました。

協会会員は、種苗メーカー(品種開発・種苗生産)卸または小売業者で本会の定款第三条に賛同されている方々です。本会には、野菜種子・花き等の5部会 並びに会員・政策・国際等の8委員会があり、種苗業界のさまざまな問題を話しあったり、情報を共有したりしています。また、協力団体として、全国9ブロック 45都道府県支部があり、連携しつつ活動を行っています。

なお、本会は公益法人改革により、平成24年4月1日付で「一般社団法人 日本種苗協会」となりました。

定款第3条
本会は、園芸農作物等の種苗(以下「園芸種苗等」という。)に関する民間の品種改良の促進、園芸種苗等の生産の改善、優良な園芸種苗等の円滑な流通及び国際交流の発展を図ることにより、我が国園芸農作物等の生産の振興に資し、もって国民生活の改善に寄与することを目的とする。
正会員
平成28年4月1日現在 1,083 名
平成28年度中新規加入 2 名
同上退会 26 名
平成29年3月31日現在 1,059 名
ブロック・都道府県別会員数(協力団体)
北海道
39名
北海道39名
東北
153名
青森16名 岩手21名 秋田20名 宮城27名
山形25名 福島44名      
関東
298名
茨城50名 栃木24名 群馬27名 埼玉50名
千葉69名 東京37名 神奈川39名 山梨2名
北陸
56名
新潟42名 富山5名 石川7名 福井2名
東海
157名
長野34名 静岡34名 三重18名 愛知61名
岐阜10名
近畿
127名
滋賀7名 京都22名 大阪17名 奈良35名
和歌山14名 兵庫32名
中国
58名
鳥取5名 島根10名 岡山13名 広島20名
山口10名
四国
52名
徳島13名 香川12名 愛媛13名 高知14名
九州
119名
福岡26名 佐賀9名 長崎11名 熊本30名
大分8名 宮崎17名 鹿児島13名 沖縄5名
専門部会員
野菜種子部会 110 名
花き・栄養繁殖性植物部会 35 名
芝・牧草部会 12 名
苗部会 61 名
資材部会 23 名
専門委員会
会員委員会
政策委員会
法務委員会
広報委員会
技術研究委員会
国際委員会
経営・流通委員会
倫理・コンプライアンス委員会

このページのトップへ

Copyright© 2004-2009 Japan Seed Trade Association. All Rights Reserved.