取り組み・活動 種苗協会の活動内容です。

食育推進プロジェクトの概要

日種協としてなぜ「食育」に取り組むのか?

現状取り組まれている「食育」の多くは、主に『食の消費面』に焦点を当てた活動となっています。

真の意味での「食育」を推進するためには、食のバックグラウンドとなる『食の生産面』に焦点を当てた取り組みが必要です。

食の原点である種苗を取り扱う業界として、日種協は本質的な「食育」の浸透させるための「食育」に取り組みます。

タネまきから収穫という一連の栽培を体験することで、生命を育むことの大変さと喜び、食べ物に対する感謝の心を醸成することができます。

活動概要

地方伝統野菜の栽培・調理体験学習

「食の生産」に焦点を当てた「食育」を推進し、子供たち自身が野菜を栽培、収穫、調理して食することで、「食」を自ら育み食することの楽しみと喜びを伝えます。

また、教材として地方伝統野菜を取り上げ、地域の食文化伝承にも貢献します。

対 象

全国小学校 100校 (中・高学年小学生 約10,000名)

※初年度目標として各都道府県2~3校で実施

実施時期

春 : 果菜類 ・・・ 平成21年4月~7月

秋 : 根菜類 ・・・ 平成21年9月~12月

※内容については各学校の状況や要望をできるだけ考慮して実施いたします。

春 期

栽培品目 : ナスの地方固定種

<選定理由>

子供の嫌いな野菜ランキングで常に上位であり、調理方法も多様である。

※栽培品目については実施地区の状況に応じて変更可

第1回4月中旬・・・教室での食育授業、タネまき実習
第2回5月中旬・・・定植実習 (植え付け、水やり 等)
第3回6月上旬・・・栽培管理実習(1)(整枝、誘引、追肥 等)
第4回6月下旬・・・栽培管理実習(2)(整枝、誘引、防虫対策 等)
第5回7月中旬・・・収穫・調理実習

※内容については各学校の状況や要望をできるだけ考慮して実施いたします。

秋 期

栽培品目 : カブの地方固定種

<選定理由>

地方固定種が豊富であり、栽培も比較的短期間で容易である

※栽培品目については実施地区の状況に応じて変更の場合あり

第1回9月上旬 ・・・教室での講義、タネまき実習
第2回9月下旬 ・・・栽培管理実習(1) (間引き、水やり 等)
第3回10月中旬・・・栽培管理実習(2) (追肥、中耕 等)
第4回11月中旬(小カブ)、12月上旬(大カブ)・・・収穫・調理実習

※内容については各学校の状況や要望をできるだけ考慮して実施いたします。

農産物の生産に関する専門的知識を持った会員が、地元小学校を定期的に訪問し、栽培についての指導・フォローアップを行います。

一般社団法人 日本種苗協会 食育プロジェクトチーム体制図

進捗状況と今後のスケジュール

2008年
7月日種協本部にて「食育推進プロジェクト」立ち上げ
9月農水省との意見交換会
10月常務役員会にて各ブロック長へ内容説明
11月各ブロック長より支部長へ内容説明
各支部における具体的実施内容の検討
(実施校の選定・提携先の模索 等)
12月常務役員会にて各ブロック活動内容の取り纏め
年内~2009年初各教育委員会への依頼、受入先小学校との打ち合わせ

活動のイメージ ~提供資料類~

一般社団法人 日本種苗協会 食育プロジェクトチームが提供する栽培マニュアル・児童用観察記録シート


このページのトップへ

Copyright© 2004-2009 Japan Seed Trade Association. All Rights Reserved.